高知市高須にある最新1470nmレーザーによる下肢静脈瘤日帰り治療専門クリニックです。4000例以上の治療経験。日本で初めてレーザー治療を行った医師が治療を行っています。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤

レーザー治療後のストッキングは必要か?

レーザー治療後のストッキングは深部静脈血栓の予防、痛みの軽減などのために使われて来ました。 レーザー治療が進歩して経過が良くなりストッキングの必要性が薄れてきたので、ストッキング着用をなるべく短期間で済むようしてきました …

下肢静脈瘤レーザー治療のリスクとは?

下肢静脈瘤レーザー治療は、従来の手術に比べて安全性が高い治療法ですが、一定のリスクがあります。 レーザー治療のリスクは、麻酔によるリスクとレーザー治療自体に伴うリスクがあります。 麻酔については、局所麻酔が最も安全で、最 …

下肢静脈瘤が原因となる皮膚病について

下肢静脈瘤があると皮膚の循環が悪くなって、皮膚病を起こします。 鬱滞性皮膚炎、血栓性静脈炎、脂肪織炎などの病気があります。 これは静脈瘤の原因となる静脈逆流による血液の鬱滞が皮膚の循環を悪くして、かゆみや色素沈着、湿疹な …

レーザー治療後の静脈が固く触れることについて

下肢静脈瘤のレーザー治療後に表面に近いところが固く触れることがあります。 これはレーザー治療で閉鎖した血管が固くなっているので、時間の経過と共に目立たなくなってきます。 気にならなくなるまで、数ヶ月かかることがあります。

下肢静脈瘤のレーザー治療は何歳まで受けることが出来る?

先日、100歳の方が下肢静脈瘤のレーザー治療を受けに来院されました。 これまで当院で治療を受けた最高齢は94歳でしたので、はるかに高齢です。 静脈瘤で足が腫れて真っ黒くなっている以外は非常にお元気な方で、血管年齢は60歳 …

下肢静脈瘤レーザー治療に最適な麻酔とは?

奈良であった脈管学会で、レーザー治療に最適な麻酔法とはという講演がありました。 麻酔科の専門医による講演でしたが、麻酔科の立場から、実際の現場で行われている非麻酔科医による麻酔法の問題点を提起していました。 これまであま …

4月の診療報酬改定に伴う高額医療については変更がありません。

平成28年4月の診療報酬改定に伴う高額医療については昨年までのものに金額については変更がありません。 レーザー治療の費用についても特に変更点はありません。  

下肢静脈瘤のセカンドオピニオンについて

下肢静脈瘤についてセカンドオピニオンを行っています。 静脈瘤で治療が必要だと言われた、説明がよく分からない、医師の対応に不安がある、治療後の痛みが強い、など静脈瘤に関することで、お困りの場合ご相談下さい。

下肢静脈瘤の硬化療法について

下肢静脈瘤の硬化療法について追加しました。

深部静脈血栓症について

深部静脈血栓症について追加しました。

« 1 2 3 11 »
PAGETOP