エンドレーザー法の本来の方法は、膝周囲から静脈に穿刺法でレーザー治療を行っています。そのため傷口は全くないことが特徴です。日本で開始するに当たって私は、高位結紮術という方法で太ももの付け根を切開して血管を露出してそこからレーザーファイバーを挿入してレーザー治療を行う方法を行ってきました。この方法は簡単に治療できるのですが、傷口があるためレーザー治療本来の良さである全く切らずに治療するという方法のメリットがなくなってしまいます。海外では切開を加える方法は一般的ではありません。(これは海外ではエンドレーザー治療が外科医以外の方が多く行ったいることも関係しています。実際海外でも外科医がするとすぐに切りたがると評判がよくありません。)
 
 昨年度より私は穿刺法によるエンドレーザー法を行っていますが、最近では切ることは大変少なくなりました。傷がないほうが術後の傷口の感染や痛みが抑えられより早く日常生活に戻れます。
エンドレーザー治療は穿刺法の技術があれば切らずに治せます。
日帰りレーザー治療
ベノネット血管クリニック http://www.venonet.jp
べノネット 足の静脈瘤相談室
http://www.k3.dion.ne.jp/~venonet/