高知市高須にある1470nmレーザーによる下肢静脈瘤日帰り治療専門クリニックです。5000例以上の治療経験。日本で初めてレーザー治療を行った医師が治療を行っています。

レーザー治療

  • HOME »
  • レーザー治療

下肢静脈瘤のレーザー治療とはどんな治療法?

レーザー治療は、これまでの静脈瘤の主な治療法であるストリッピング手術(ストリッピングとは抜き取るという意味です。)という手術とは全く異なった種類の治療法です。

下肢静脈瘤レーザー治療模式図

①②静脈瘤の原因となっている逆流のある静脈の中へ大きさが1mmにも満たない光ファイバーを入れて
③④先端からでるレーザー光によって逆流のある静脈を閉塞する方法です。

この図からも分かるように、切開することもなく、静脈を摘出する必要がない治療法です。

下肢静脈瘤のレーザー治療風景

手術というより、カテーテル治療という内科的な方法です。治療自体は20-30分もあれば終了します。

全身麻酔のいらないレーザー治療

通常のストリッピング手術では、全身麻酔や腰椎麻酔などの麻酔が必要ですが、レーザー治療は局所麻酔のみで治療可能で、治療中にもほとんど痛みを感じることはありません。

従来の手術方法に比べて安全性、快適性が格段に向上した最新の治療法です.

レーザー治療のメリットとして

  • 全身麻酔をしないので手術に比べ体への負担が少ない
  • 治療の危険性が低い(全身麻酔をしない場合)
  • 治療に対する恐怖感が少ない
  • 治療中や治療後の痛みが手術に比べて圧倒的に少ない
  • 日常生活への復帰が早い
  • 傷がないので美容的効果が高い
  • 入浴などの制限がない
  • 治療後の弾性ストッキングが必要ないなど

多くの利点が挙げられます。

レーザー治療は治療直後から痛みもなくどんどん歩けますので、お仕事や日常生活にすぐに戻れることが、従来の手術とは全く異なっています

一方、起こりうる問題点としては

  • 術後の痛み、ツッパリ感
  • 皮下出血
  • 血栓性静脈炎
  • 深部静脈血栓症
  • 肺塞栓症
  • 血管の再疎通

などが挙げられます。

以前は術後の痛み、ツッパリ感 皮下出血という合併症がよく見られましたが、現在の1470nmレーザー治療ではほとんど見られなくなり、より快適な治療となっています。
またレーザー治療後の静脈の再疎通低くなっています。

治療に習熟した施設では、重篤な合併症の発生頻度は極めて低く、従来の手術に比べて安全性が高いものといえます。一方、治療に未熟な施設も多くなっているので、治療を受ける際には注意が必要です。

レーザー治療の原理

レーザーを血管壁に照射すると、熱エネルギーにより血管壁の収縮と肥厚が起こり、静脈内腔が狭くなったところへさらに二次的な血栓が付着して閉塞するものと考えられます。

レーザー治療の成績をよくするために重要な点は、血管壁全周の熱変性をいかに効率よくおこすかということになります。

血管の内膜障害は硬化療法という注射の治療でもおこりますが、レーザー治療は血管壁の熱変性がより速く強くおきることがその特徴といえます。
波長によりレーザーが吸収される対象物質が異なり、1470nmの波長では、血液には吸収されにくく、水に対する吸収率が高くなります。

その結果静脈の壁内の水分に吸収され静脈壁に強い熱変性が起きます。

現時点では1470nmの波長が最も効果的に静脈閉塞を起こすことができる波長であると考えられています。

1940nmの波長も開発が進んでおり、今後の発展が期待されます。

レーザー治療のアニメーションビデオ

ELVeSレーザーによる下肢静脈瘤治療をわかりやすく説明したビデオです。

お気軽にご相談、お問い合わせください TEL 088-882-5015

PAGETOP