朝晩はかなり冷え込む季節となってきましたが、静脈瘤の症状と季節との関係について、少し述べてみたいと思います。
静脈瘤の症状である足が重い、だるい、むくみやすい、つりやすいといった症状は一般的には暖かい時期に強くなり、寒くなると症状が軽くなりやすい傾向にあります。
これは、静脈が温かいときには開いて逆流が強くなるためと考えられます。またストッキングも寒いときのほうがはきやすいのでストッキングによる治療は冬場のほうがいいのです。
 
 レーザー治療ばかりでなく、静脈瘤の治療には術後のストッキングによる圧迫が必要ですので、これから春先までは快適に治療を受けることの出来る時期だと思います。
下肢静脈瘤の日帰りレーザー治療
ベノネット血管クリニック http://www.venonet.jp
べノネット 足の静脈瘤相談室
http://www.k3.dion.ne.jp/~venonet/