下肢静脈瘤の発生原因は明らかではなく、予防方法として確実なものは残念ながらありませんが、症状を緩和することは出来る場合があります。
静脈瘤は立ち仕事の方に多いので、長時間に及ぶ静脈圧の上昇が悪化の引き金になっていると考えられます。

また血管内皮の保護は静脈機能の維持にも大切です。

20分程度の歩行などの定期的運動とつま先立ちや、足の背屈運動は静脈機能の維持にも有効と考えられます。

運動にても改善されない場合は、静脈瘤が進んでいたり、他の病気の可能性もありますので、専門医の診察を受けた方がいいでしょう。