下肢静脈瘤があると皮膚の循環が悪くなって、皮膚病を起こします。

鬱滞性皮膚炎、血栓性静脈炎、脂肪織炎などの病気があります。

これは静脈瘤の原因となる静脈逆流による血液の鬱滞が皮膚の循環を悪くして、かゆみや色素沈着、湿疹などが起きます。

なかなか治らない足の皮膚病は静脈瘤が原因かもしれません。

下肢静脈エコーの検査を受けると静脈瘤が原因かどうか分かります。